** dillydally **

      http://ito.jugem.cc/
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
石狩鍋?
200811211945000.jpg
これであってるのかな・・・?
見たレシピに最後にチーズをのせると書いてあったけど、いいチーズがなかったので、適当にとろけるチーズをのせてみた。
Posted by たかしま
Category : 日記
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
ドアラを待ちながら
母さん、僕のあのドアラ、どうしたでせうね?
ええ、夏に楽天市場とアマゾンで、
比較検討して予約したあのドアラですよ。
母さん、あれは9月発売のドアラでしたよ。
Posted by たかしま
Category : 日記
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
念願達成!
bk1のあしあとキャンペーン、
今月は皆勤賞達成!!やったぁ〜!!

毎日毎日、ぽちっとおした甲斐がありました。
このキャンペーンが始まってからずっと参加しているものの、
どうしても押し忘れる日があって、皆勤賞ならず、だったんですよね。

ポイントがもらえるよりも、1ヶ月やりとげられたことがうれしい。
なんのスキルアップにもならないことだけど(笑)。
Posted by たかしま
Category : 日記
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
うさぎの健康診断。
 昨日はうちのうさぎを年に一度の健康診断へ連れて行きました。
担当が若い先生だったせいか、
はぐみは大暴れして久々に「キョキョキョキョーッ」と鳴いてました。

知ってるかい?うさぎって南国の鳥みたいな声で鳴くんだぜ。

全力で暴れまわるはぐみを前に、
「健康そうなのでもう診察はここまでで…」と弱腰になった先生をはげまして
なんとかおなかやお尻まわりを診てもらいました。
病院を出た後で、
はぐみをがっつりホールドできる旦那くんが抱っこしたらよかったのにねーと言ったら、
「獣医師さんにもプライドがあるだろうから…」
とよくわからない理由で謙遜していました。

しかもはぐみは家へ帰ったら、生まれて初めての下痢になってしまい…
前に別な病院で大暴れたときも下痢はしなかったのに、
よっぽど今回の若手さんが気に入らなかったようです。
次回からは院長先生(←はぐみが絶対服従するお人)を指名しないと。

最近よく「ブログ更新してないですね〜」と言われますが、
実はメインの日記はmixiに移行していて、
当たり障りのないものだけこっちにコピってます(笑)。
そんなわけで、どうぞよしなに〜。
Posted by たかしま
Category : 日記
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
「おくりびと」
昨日は映画を見てまいりました。
選んだ映画は、「おくりびと」。

この映画は、楽団の解散で演奏家としての道をあきらめ、
地元山形で「納棺師」となった男性のお話。

この映画で印象的だったのは、人の「手」の持つ表現力。
愛おしさ、優しさ、許容、別れ、拒絶など、手の動きだけで様々な感情が伝わってきた。
納棺のシーンで、納棺士が遺体の手を両手でそっと包み込むシーンが一番印象的。
他にも、主人公の男性が妻に触れるシーン、
物語のキーとなる「石」を手渡すシーン、
握手だったり食事だったり、いろんな場面で「手」は強い存在感を出していた。
そして動いていなくても、左手の薬指に指輪があるだけで、
その人の想い、亡くなった人との歴史を感じさせる存在感があった。

誰かに触れる、特に手をつなぐという行為は、好意を抱いている人以外にはなかなかできない。
納棺師は遺体に触れ、丁寧に体を清め、最後の旅立ちを美しく演出してくれる。
その仕草には亡くなった人と遺族への愛情を感じさせる。

もうひとつ印象的だったのは、食べるシーン。
おそらく「死」との対比としてだと思うのだが、この映画には食べるシーンが多数出てくる。
食べるということは、生きるということそのもの。
大切な人の死というものは、つらく悲しい。
けれど、どんなに悲しくても、いつの間にかお腹がすいてきて、何かを食べたくなる。
そして食べ物は「うまいんだな、困ったことに」。
生の、そして人間のたくましさがそこに出ていると思う。

大切な人との最後の別れ。
「お疲れ様。また会おうね」と笑顔で手を振れるような人間になりたいと思った。

で、真面目な感想はここまでで、後は感じたこといろいろ。
まずは広末演ずる奥さんがかわいい!
顔だけじゃなく、仕草というか性格というか、旦那さんへの対応がとにかくかわいい。
こういう奥さんだったら、旦那さんも早く家へ帰りたくなるんだろうなぁ。見習わねば(笑)。
そして旦那さん役のモッくんも素敵でした。
愛嬌があって、優しくて、ちょっと頼りないような雰囲気もあるけれど芯はしっかりしていて。

納棺の技術はすごいの一言。
流れるような動き、遺体の肌が極力見えないように進められるお清めと着替え。
さっと浴衣が足元から引き抜かれる瞬間は、公式サイトにもあるように「イリュージョン」でした。

庄内平野の自然もとても綺麗。
主人公夫婦が住んでいる家の前の庭の花も印象的。

笑って、泣いて、そして優しい気持ちになれる映画でした。
いい映画に出会えてよかった!
Posted by たかしま
Category : 日記
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
高級ケーキ。
200809122106000.jpg
前から気になっていたケーキ屋さんへ。
イートインだとアイスやフルーツなどで綺麗にデコレーションしてくれました。
西洋骨董菓子店を思い出させる仕上がり。
味もおいしくていい感じ。
セットの紅茶もおいしかった。

しかし、この日食べたランチセットよりもこのケーキセットのほうが数百円高かった・・・!
高級ケーキセットでした。
Posted by たかしま
Category : 日記
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
富山名物
NEC_0353.jpg
B級グルメナンバーワンの白えびのかき揚げ丼を食べました。
富山名物の白えびをふんだんに使ったかき揚げが
とてもおいしかったです。
あまりの大きさにめちゃめちゃお腹がいっぱいになりました。
Posted by たかしま
Category : 日記
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
行き先は甲子園。
欲しい漫画があったので、
「旦那ちゃん!嫁をブックオフに連れてって!」
とかわいくお願いしたら、
「私が連れて行くのは南ちゃんを甲子園へだけですから」
と丁重にお断りされました。
Posted by たかしま
Category : 日記
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
| 1/6PAGES | >>